Browse Month by 10月 2016
未分類

既にあるマーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションと聞いてもあまり馴染みないという場合でも、実は既に社内で導入されているサービスがマーケティングオートメーションになっている事もあります。
具体的な例は、貰った名刺をデジタル管理して社内でシェアするサービスです。これもマーケティングオートメーションの一種なのです。持っている情報をデジタル化して社内で共有する事ができれば効率良く情報を行きわたらせることができます。こういった効果はマーケティングオートメーションによるメリットの一つです。

日々のメール送信や、毎日チェックするWebページを効率的にする事も、マーケティングオートメーションになります。メールを送信する際は、必ず決まった文章を送信する事がありますが、決まった手順の操作を自動的にしてくれる効果もあります。
決まった業務をタスクと呼び、タスクを自動的に処理してくれます。自動的に処理してくれるので時間的な効率化ができますし、メールを誤って送信してしまう等のミスもなくなります。このように、効率的に確実に処理ができる特徴があります。

顧客管理システムもマーケティングオートメーションの一つです。顧客情報を個人で管理するのではなく、社内でシェアできる仕組みを作ることで営業活動を効率化します。すでにメール管理や電話管理などをしてマーケティング活動に利用している会社もありますが、自動的に管理してくれるということがポイントです。また、記録や管理を自動的にしてくれるので別途パソコンに入力する手間や編集する手間が無くなります。

未分類

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは2000年頃からアメリカで始まったサービスです。その後、日本でも2014年にサービスが提供されるようになり、注目を集めています。近年では、パソコンで書類を作る事や、メールを送信する事などオフィスのデジタル化によって仕事の効率が高まっています。一昔前であれば、手間のかかる作業であった手紙やFAXといったものがメール送信だけで終わりますのでオフィス活動が便利になり、効率化が進んできているのです。

マーケティングオートメーションとはデジタル化した活動をさらに分析し、日々のルーティーンな活動を自動化することで、さらに効率的な営業活動を促進するサービスのことです。今までのデジタル化のメリットに自動化や分析という機能はありませんでした。営業活動が、すべてデジタル化されたことで自動的に分析できるようになりました。

関連している顧客を自動的に採点してくれて、営業活動の目安になる数値をだしてくれたり、優先的に営業活動した方がよい顧客を提案してくれたりする機能があります。漠然とした営業活動ではなく活動をデータ化することで数値的に判断ができ、より効率的、また客観的に営業活動ができるということがポイントです。また、常に営業活動がシェアできているので無駄な会議を減らすことができ、意思疎通が効率的にできるという特徴もあります。

無料で使えるトライアル版があり、無料のセミナーも定期的に行われているので自社のマーケティング活動にどのように活かせるかを手軽に知ることができます。当サイトではマーケティングオートメーションの概要や導入ポイントなどを紹介していきます。