未分類

既にあるマーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションと聞いてもあまり馴染みないという場合でも、実は既に社内で導入されているサービスがマーケティングオートメーションになっている事もあります。
具体的な例は、貰った名刺をデジタル管理して社内でシェアするサービスです。これもマーケティングオートメーションの一種なのです。持っている情報をデジタル化して社内で共有する事ができれば効率良く情報を行きわたらせることができます。こういった効果はマーケティングオートメーションによるメリットの一つです。

日々のメール送信や、毎日チェックするWebページを効率的にする事も、マーケティングオートメーションになります。メールを送信する際は、必ず決まった文章を送信する事がありますが、決まった手順の操作を自動的にしてくれる効果もあります。
決まった業務をタスクと呼び、タスクを自動的に処理してくれます。自動的に処理してくれるので時間的な効率化ができますし、メールを誤って送信してしまう等のミスもなくなります。このように、効率的に確実に処理ができる特徴があります。

顧客管理システムもマーケティングオートメーションの一つです。顧客情報を個人で管理するのではなく、社内でシェアできる仕組みを作ることで営業活動を効率化します。すでにメール管理や電話管理などをしてマーケティング活動に利用している会社もありますが、自動的に管理してくれるということがポイントです。また、記録や管理を自動的にしてくれるので別途パソコンに入力する手間や編集する手間が無くなります。