未分類

マーケティングオートメーションの導入

便利で多くのメリットが得られるマーケティングオートメーションですが、どういったものを導入したらよいか判断することは難しいものです。そもそも、社内にマーケティング部門がない企業もあります。マーケティングやIT化はアメリカから始まったものですので、日本の企業には馴染みがなく、浸透していない企業もあります。ただ、日々の営業活動の中でマーケティングが重要となる場面は非常に多くあります。

一番避けたいことは、ソフトを導入しても活用できないケースです。安価なソフトや無料で始められるサービスもありますが、ほとんどの場合、導入するとなると使用料金が発生します。せっかく導入しても、使用料以上のパフォーマンスがなければ導入した意味がありません。

マーケティングオートメーションを選ぶうえで、大切なのは導入するソフトウェアが現実の営業活動にマッチするかどうかです。既に行っている活動が自動化されることで新たな活動ができるようになるのが理想です。

効果的に利用するには、まずは営業部や幹部クラスのメンバーがしっかりとコミュニケーションを取ることが重要になってきます。導入をしたことによって効率が悪くなってしまっては意味がありませんし、現場がツールを使うことでメリットを感じなければ、使わなくなってしまうこともあるでしょう。無料トライアルなどもありますので、まずはそれらを気軽に使ってみると良いです。